メニュー

矯正専門医院の
メリットstrong-point

矯正専門医院の
メリット

従来の矯正治療だけでなく、歯並びにアプローチするさまざまな手段が近年では登場し、「歯並びを治す」ということがより身近になってきました。

マウスピース型矯正を扱う一般歯科も増えていますが、「治療効果の持続性」や「歯の美しさ」、「歯の健康」を考えるならば、やはり矯正治療専門クリニックの精密検査・治療計画に基づく矯正治療をお勧めします。

矯正を専門にする強み

矯正専門だから
矯正方法・プランが選べる

仙台歯科・矯正歯科では、矯正装置が目立たない「舌側矯正」や「マウスピース型矯正(インビザライン )」を採用しています。どちらも矯正中の見た目を気にしなくて済む、患者さま想いの矯正治療です。

矯正の基本「ワイヤー矯正」

矯正治療専門クリニックでは、歯を動かしやすい「ワイヤー矯正」を扱っています。ワイヤー矯正(マルチリンガルブラケット矯正)は矯正治療の基本であり、矯正歯科医が治療計画を立てるところから始まります。精密検査やセファロ分析が欠かせず、矯正歯科医としての専門知識が求められます。

マウスピース型矯正にも歯列矯正の正しい段取りが必要です

一般歯科でも導入されているマウスピース型矯正のシステムの多くはコンピュータソフトが計画や装置の設計まで行い、中には矯正歯科医としての分析や診断が十分に行われているのか不明な場合もあります。

矯正治療は検査、分析、診断といった正しい手順を踏んでこそ成功するもの。

矯正専門クリニックではワイヤー矯正・マウスピース型矯正の別を問わず、検査・分析に基づいた治療を行なっていきます。

仙台歯科・矯正歯科の
歯列矯正の特徴

  • 1目立ちにくい
    矯正装置の採用

    矯正治療を敬遠する理由の中でも、装置が目立つのが嫌だ、という声が多いのですが、仙台歯科・矯正歯科の矯正装置は目立ちません。

    舌側矯正治療

    ワイヤーとブラケットを使用しますが、装置が歯の裏側につくため、他人には矯正治療をしていることが気付かれにくい治療方法です。

    マウスピース型矯正

    透明なプラスチックのマウスピースを歯にはめる矯正方法で、シンプルかつ目立たない特徴があります。

  • 2気になる前歯だけの
    「部分矯正」がある

    前歯部分だけを治せる「部分矯正」をご存知でしょうか?前歯のでこぼこ、軽度の出っ歯・すきっ歯などは部分的に矯正装置をつけて歯並びを整えることが可能です。

  • 3詳しい検査にもとづく
    治療計画

    仙台歯科・矯正歯科では、矯正治療を行う前に必ず精密検査を行います。3DCTを使い顎の骨格や歯の根元の状態までを立体的に把握。また、歯並びだけでなく、咬み合わせを整えることも重視します。無駄の無い治療計画は、治療の期間の短縮、リスク管理につながります。

  • 4様々な矯正プランで
    矯正期間に配慮

    ワイヤーとブラケットを用いた矯正は歯を大きく動かすことができますが、できるだけワイヤーを付けている期間を短くしたいという患者さまには、ある程度歯が揃ってきた段階で、マウスピース型矯正へ切り替えるコンビネーション治療も行っています。また歯科矯正用アンカースクリューの併用で難症状にも通常の治療方法・治療期間で対応できます*。(*症状により異なります。)

矯正治療に特化した
院内設備

矯正治療とは目には見えない「歯の根」を動かしていく治療です。見えない部分の把握、長い矯正治療期間の計画立案をサポートするデジタル機器を仙台歯科・矯正歯科では積極的に導入しています。

  • 矯正治療に欠かせない3DCT
    1矯正治療に欠かせない
    レントゲン・3DCT

    仙台歯科・矯正歯科では矯正治療の開始前に顎部周辺のレントゲン撮影を行います。矯正治療では、頭部側面からのレントゲン撮影(セファロ)や顎部分を立体的に把握できる3DCTが重要となります。

    セファロは口元とお顔のバランスを見る上で、3DCTデータは治療計画の上で欠かせないものです。

    歯列矯正の満足のいく結果のために、矯正治療の専門クリニックは精密検査を重視します。

  • 2歯型をスキャンする
    口腔内3Dスキャナ

    仙台歯科・矯正歯科では基本的に光学スキャニング機器を使って歯型データを読み取ります。お口の中にスティック上のカメラを入れ、光を当てていくことで歯型をコンピュータ上に再現します。

    撮影中は痛みや不快感を感じることはなく、10分から15分程度で撮影完了。

    歯の凸凹をミリ単位で数値化し、かみ合わせの負荷までデータ化します。

  • 3データを集結した
    治療シミュレーション

    レントゲン・3DCTや口腔内3Dスキャナによって取得したデータと患者さまのご希望を踏まえ、治療計画を矯正歯科医が立案します。

    治療計画はデジタルシミュレーションで患者さまも確認ができ、どの段階でどのように歯が動いていくかを治療前に知ることができます。

    矯正専門クリニックでは、歯型データだけでなく、複数の頭部レントゲンデータを撮影し、それらの資料も計画・シミュレーションの際に活用することで、現実的な治療計画の立案、リスク対処を行なっています。

クリニックの環境にも配慮

「歯医者さん」を感じさせない院内

仙台歯科・矯正歯科は矯正治療に特化したクリニック。完全予約制の上、患者さまの予約を調整しているため、ゆったりと落ち着いた院内で、カウンセリングや装置の調整を行います。

医療用空気浄化装置での空調管理

新型コロナウイルス感染症予防としての医療用空気浄化装置

仙台歯科・矯正歯科ではクリニック内に医療用空気浄化装置メディカルライトエアーを設置。常時運転を行い、換気・空気の浄化を行なっています。感染症の飛沫感染を防ぐだけでなく、花粉やPM2.5等の粉塵も取り除き院内をクリーンに保ちます。

矯正治療を専門に扱う
「矯正歯科医」が担当

ソフトウェアサポートの手厚いマウスピース型矯正治療や、パッケージ化された矯正治療が登場したことで、一般歯科クリニックも矯正治療を導入しやすくなりました。

歯科医師の資格を有していれば矯正治療の専門的な教育を受けていなくても、「矯正」の看板を掲げることはできます。けれども、矯正治療とは患者さまの数だけ治療方法があるような複雑な治療です。

仙台歯科・矯正歯科では矯正治療を専門に扱う矯正歯科医が診察、治療計画の立案、治療などを担当します。

日本矯正歯科学会
臨床指導医(旧専門医)
総院長 東海林 貴大
(しょうじ たかひろ)

安易な方法に流されてませんか?

矯正治療の心理的なハードルは低くなってきています。けれども、人間の体のメカニズムを利用した「歯を動かす」治療は検査・分析・細かな調整が必要な作業です。

「見た目だけ」と考えず、歯の健康やかみ合わせまでに配慮した納得のいく治療をぜひ選んでください。

神奈川県川崎市出身。北海道医療大学歯学部を卒業後、同大学歯学部歯科矯正科に入局。その後、札幌医科大学口腔外科を経て、2007年3月 青山通り矯正歯科を開業。2013年10月渋谷に移転し、渋谷矯正歯科へと改名。渋谷矯正歯科グループの総院長として舌側矯正の向上と普及に日々尽力している。日本矯正歯科学会 臨床指導医(旧専門医)、日本成人矯正歯科学会 認定医、世界舌側矯正歯科学会WSLO 認定医、ヨーロッパ舌側矯正歯科学会ESLO 認定医。国内外の学会で学会発表、症例発表をこなす。

仙台歯科・矯正歯科 院長
納賀 秀則(のうが ひでのり)

カウンセリングのご予約
・各種お問い合わせは

WEBからのご予約はこちら お電話でのお問い合わせ・ご予約・無料カウンセリングはフリーダイヤル0120-665-708

ご予約・カウンセリングの
お申し込みはこちら

WEBフォームからお申し込み 電話でお申し込み フリーダイヤル0120-665-708
閉じる